キャッシングを便利に使うために知りたいこと

キャッシングは非常に便利ですが、使い方を間違えると借りすぎて返済できなくなります。手軽に借りられるからこそ、使いすぎには注意する必要があるのです。最低限のチェックポイントには、自分に合った金融機関を選ぶこと、借入額を最小限に抑えること、返済期間を決めておくことです。

適当に金融機関を選んで借りたら、あとになって他社と比べて金利が高い、なんてことになりかねません。銀行、消費者金融、信販会社など、金融機関別に金利を調べておく必要があります。

誰しも低金利で借りたいはずですが、一般的に低金利になるほど、借りるためのハードルは上がるものです。現在の借入額が大きく、借入件数も3社以上あるという方は、審査の厳しい金融機関で借りるのは難しくなります。

借入額は返済できる範囲で、そして借入期間は毎月の返済額を見ながら決めていきます。早く返済することは利息を抑えることになりますが、毎月の返済額を大きくしすぎることが原因で、途中で返済不能に陥る方もいるのです。

「ちょっと厳しいけどなんとかなりそう」という返済額の場合、完済までスムーズに行くとは考えないことです。「これなら無理なく返済できる」という返済額に抑えておきましょう。

キャッシングをリボ払いで利用する

キャッシングサービスを提供する業者が大変多くなってきており、かつ利用しやすくなってきています。返済にかかる利息利率の上限が明確に設定され、かつ利用者への商品説明責任が義務化されたことで、優良な業者が相対的に増えたことが背景にあります。

キャッシングを利用した後、借り入れ金額を返済する義務が勿論生じますが、その返済方法にはいろいろあります。中でも便利なのがリボルビング払いというものです。通称リボ払いと呼ばれるもので、借り入れした金額にかかわらず、毎月の支払額を一定にすることのできるものです。家計の計算が大変しやすく、負担感が減る効果が期待できます。

ただ、注意する点があります。それは、借り入れ総額を失念しやすいことです。自分の手元から出ていく金額は毎月一定ですので、借金しているという感覚が失われやすく、借り入れ総額のことを考えずにどんどんリボ払いでキャッシングをしていくと、あとで想定よりも相当高額の借金をしていたということにもなりかねません。

きちんと残債を管理して上手に利用することができれば、とても効率が良く経済的な返済方式です。きちんと自分の家計を管理して、きちんと賢く利用していきたいものです。

キャッシングは最もお手軽なローン

いろいろなローンがありますが、キャッシングほどお手軽なものはありません。1万円から借り入れできる小口融資であり、審査も厳しくなくて誰でも借りやすいです。

銀行融資は審査が厳しいのですが、キャッシングに関しては消費者金融並に抑えてあります。振込にも対応してくれるので、郵送や自動契約機、窓口などでカードを受け取ることなく借りられるのです。

フリーローンとは非常に似ており、よく同じものだと認識されていますが、カードを作って借りられる点が異なっています。キャッシングはカードを発行して借りることもできるので、カードローンとして使われている方もいるのです。

金利は実質年率で表記されており、これは年利(年間の金利)という意味です。年利にはアドオン金利もありますが、実質年率のほうが利息が少なくなるというメリットがあります。返済して元金を減らすほど、利息も減っていく仕組みですので、返済期間を短くしたり、繰り上げ返済をしたりすることで、当初の返済計画よりも利息を抑えることが可能なのです。

担保と保証人は不要であり、保証会社の保証が必要になる場合も、業者側が保証会社を用意してくれるので、申込者は何もする必要はありません。